読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堅パンと格闘する。


二木の菓子で発見した、「くろがね堅パン」なるものを食べてみました。



実は……この挑発的なPOPに釣られてつい買った。(思う壺)


原材料など
噛めない場合は飲物に浸して食べるように書かれている。



中身を出してみた所、見た感じはまんま乾パンの様な感じ。


コツコツと叩いてみると、瓦みたいに乾いていて如何にも硬そうな音がします。
(;・∀・)




ああ、アレだ!アレ!。




軽石をコツコツと叩いた音に似ています。
σ(^◇^;)





取り敢えず、端っこの方を軽く噛んでみる。
パクッ(* ̄0 ̄)●ゞ




割れない……。
(;・∀・)





もう一度トライしてみる。




ビクともしない……。(´ヘ`;)




そして、しばらく悪戦苦闘の末に、




パチッ!パキッ!
ヘ(゜ο°;)ノ



と軽快な音で、堅パンがかち割れました。


かち割った時の音が異様に高音で、ある意味気持ちいいです。(滅茶苦茶堅いですけどね)


味は甘みが効いていて、ビスケットみたいな感じでした。練乳なんかが入っているようで良いお味です。



説明書きを見てみると誕生は大正時代らしく、けっこう昔からある物らしいです。


パッケージに「健康は顎から」ってキャッチがあるのですが、こんなの食べてたら嫌でも顎が丈夫になるよなぁ。