読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LED電球、東芝E-Core

ガジェット

以前にもLED電球を購入した事はあったのですが、電球が思ったよりも大きく笠に収まらないという、残念な結果になってしまったことがあり、ちょっとドキドキしつつも、再挑戦。

前回はE17のレフ用の器具に使う、十分な明るさのLED電球が見つからなかったので通販で電球の大きさをよく確認せずに、明るさと口径だけで買ってしまったのがまずかったのですが…、今回は店頭で大きさなども確認しつつ、デスクを照らすE26の大きめの笠だったこともあり大丈夫だろうと言うことで購入に踏み切りました。


今回の主役





説明書きを見ると、大きさはやはり若干白熱電球よりも、大きいようですが、笠に当たりそうな部分は普通の電球と大して変わりない大きさになっています。




現在使用している白熱電球
発光部分が見えるクリアガラスタイプの60ワット白熱電球です。フィラメントが見えるのでお洒落でデザイン的には良いのですが、そのフィラメントを直視してしまうと、目に焼き付くのが玉に瑕。



LEDに交換してみました
今の白熱電球は60Wなのですが、調光器のダイヤルの目盛りを真ん中ぐらいにしていて、60Wの明るさをフルに使う事は殆どないので、今回購入したLED電球は30W相当の調光器対応LED電球です。
値段は4000円程度。今までの白熱電球+笠の値段と大して変わらないです…。
ま、寿命が長かったり、電気代が安かったりとLEDの方が長期的には安く済むらしいので、この点は相殺出来ると思います(多分…)

ただ、白熱電球と比べて、ちょっと赤みが足りないような印象を受けます。明かりの感じもLEDは電球色の蛍光灯に近い感じの光ですね。